ないものだらけの、今を知る。

 

#なんでないの①

頼れる情報

<  ①学校できちんと性教育をしてください! >

ITGSE_en.pdf_0.png

性教育の世界的スタンダード、国際セクシュアリティ教育ガイダンス

(ユネスコ他"International Technical Guidance on Sexuality Education")

に合わせた性教育を実施してください!

スクリーンショット 2019-12-25 16.22.37.png
スクリーンショット 2019-12-25 16.26.29.png

< ②性に関わることは、そのページに行けば大丈夫!そんなサイトを下さいっ >
​  →祝!日本にもできました!!!!!!

スクリーンショット 2019-12-20 21.35.35.png

NPO法人ピルコン 染矢明日香さん、チャリツモさん、TENGAヘルスケアさんなどが共同で作成。

専門家があなたの性に関する悩みに隅から隅まで答えてくれるサイト、是非ご覧ください!

​おすすめ!

 

#なんでないの②

今どきの避妊法

< 自分の体・ライフスタイルにあった避妊法を選ばせて! >

・今の日本では、世界では当たり前のように使われている避妊法の多くが認可されていない

    日本語で検索する限り情報もほとんどない

・低用量ピルもIUDも、月経困難症のためなら保険適用避妊のためなら完全自己負担で毎月2-3千円!
   初診や週末診療ではもっと高額にも

​  →選択肢が少ないことで避妊したくてもできない人がいる。日本への移住女性も困難に直面。

・世界にはより確実で手軽な避妊法が沢山!

・保険が適用されたり、若者には無料だったりする国も少なくない。

・日本にない避妊法の多くもWHOで定められる必須医薬品リストにも載ってる

・本来、色んな選択肢の中から自分の身体・ライフスタイルにあった避妊をできるのは当然の権利

男性用コンドーム

女性用コンドーム

IUD/IUS

低用量ピル

避妊リング

避妊注射

避妊インプラント

避妊シール

(但し一番小さいskylaは認可なし)

 

#なんでないの③

緊急避妊へのアクセス

< アフターピルを買える値段で薬局に! >

・緊急避妊薬も病院に行き処方箋が必要。

  →早く飲む程効果が高く、72時間を過ぎると効果のないアフターピル、

   週末や夜、病院が開いていない、地方在住によって妊娠を防げる最後の手段が奪われてしまうとも。


アフターピルは1万円前後!週末などはもっと高額にも 

  1ヶ月、高校生のお小遣いは平均5000円、大学生の教養遊行費は8000円。

 結果安いピルを求めネット購入する人も。しかし安全が保障されているとはいえません。

​ 

アフターピルは世界約90ヶ国で処方箋なしで薬局で買えます。

・更に、若者に対してはピルやアフターピルが無料の国も少なくありません。

大学の保健室でピルやアフターピルが貰える国も。

・今回調べた9カ国中、月500円以下の避妊がないのは日本だけ。

<<アフターピル のオンライン診療が可能になりました!

が、それではまだ足りません。薬局での販売が必要です。>>

世界での緊急避妊薬へのアクセスってこんな感じ↓

#なんでないの⑤

 

世界水準のより安全な中絶を

< 世界では体に負担の少ない中絶薬による中絶が主流。

日本ではどうして今でも高額で初期中絶でも手術なの? >

・日本では経口中絶薬の認可がなく、妊娠初期の中絶も手術一択。

 その手術も、WHOが時代遅れとする掻き出す過程のある中絶が未だ使われる場合も。

      →だからこそ高額だし、将来不妊になる可能性も生まれる

・既婚者の場合、(夫からのDVの結果だとしても!)夫からの同意が必要って、おかしくない?

・日本には堕胎罪が今も存在。母体保護法で許される中絶の範囲に従わず、妊娠中の女子が薬やその他の方法で
    堕胎した場合は堕胎罪で1年以下の懲役に・・

・中絶は10-20万円程。超高額。。

WHOは掻き出す形の掻爬法は時代遅れの方法として薬剤や真空吸引による中絶を推奨。

・実際、薬剤での中絶が殆どという国も少なくない(薬剤中絶:🇬🇧100%   🇺🇸93-100%  🇸🇪93%)

・特に若者に対しては中絶が無料という国も。

もっと詳しく!

信頼できる安全な中絶を求める国際的サイト(日本で薬剤中絶は違法です)

 

#なんでないの⑤

相談できる場所

< 欲しいのは、プライバシー・料金、安心して、

色んなことを専門家に相談できる身近な場所 >

・日本では、性器に問題が起きた時、基本男性は泌尿器科へ、女性は婦人科へ

 →特にSTI検査等はカップル一緒が大事なのに…

・親にばれたくない場合に浮上する、保険証問題

 病院に行ったら保険証を提示することで親に最終的にバレないか不安になり、医療機関から遠ざかることも

・性に関わることは、心と身体、どちらも一緒に困ることも。
 でも病院は基本'治療'の場だし、心と身体の相談先は、別の場所。

 だからちょっとした相談や質問はしにくいから、そのまま問題を抱えてしまうことも。

・日本ではまだまだ若い子にとって婦人科に行くハードルないとは言えない。そこで嫌な思いをすることも。

・世界には、性の健康若者ターゲットを絞り、料金やプライバシーの問題を心配せず

そこで待機する医師や臨床心理士などの専門家に安心して幅広い相談できる場所が全国規模である国も!

< 今はこうだけど… >

​普段

本当に困ってはじめて検索

望まない妊娠や深刻な性暴力等ではじめて

色んな悩みを受け止めてくれる場所に出会う

​例)ワンストップセンター、ホットラインetc…

身近な相談先と言えば、病院くらい。

でも病院も、性感染症かな?と思った時くらいしか行かないし、

基本、病院は体の治療だけだから、それ以外の悩みは、うやむやのまま

< こうなってほしい! >

​傷つくず〜っと手前から、頼れる場所がいつもある、そんな毎日。

パートナーとのSTI検査、避妊、セックスの悩み相談、

なにかトラブルに巻き込まれてるかも?と感じる時、性暴力を受けた時、妊娠かなと思った時、

自分のジェンダーアイデンティティーで悩みを抱えた時…

​性に関することなら、ひとまずここに行けばちゃんと専門家に安心して相談できる

​そんな場所があれば、安心できるのに。自分で自分を、守りやすいのに。

「変わってほしい!」と思ったら。

JOIN US, Follow Us Online:

​#なんでないの

#JapanNeedsContraception

  • ツイッター
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTubeの - ホワイト丸