避妊法の種類や値段の比較

​ここから分かること

特に若者に対して月500円以下のなんらかの

 避妊法が用意されている国は
​この世界に沢山ある

一方日本では

多くの現代的な避妊法が存在すらしていない上に

​ 入手できる避妊法は飛び抜けて高額

アフターピルに関する比較

​ここから分かること

​多くの場合

ピルは薬局で買えるもの。
 

​値段も普通に買っても高くて5000円

特に若者には無料の国も少なくない

一方日本では

薬局で買えない上に​、完全に値段の桁が違う

つまり日本では、

普段使える避妊法さえ他国と比べれば高額且つ選択肢も少ない上に

緊急避妊さえ、値段・買いやすさの点で入手が困難

それでもまだ、

​予期せぬ妊娠をしてしまった女性ばかりが責められるべきですか?

<参考・参照>

 アメリカ  イギリス  カナダ  オーストラリア  フランス  ドイツ  スウェーデン

・アメリカでは多くの保険が避妊をカバーしている結果、無料、安価になりやすい     

・スウェーデンの0~安価は基本25才以下の若者。地域により異なるが、25才以上になっても避妊具は保険適用内

・経済効率に関する文献  

​・料金は1€ 120円程度 1ドル 110円程度で計算し、きりのよい数字で掲載。

・調査結果は2018年4月現在。

JOIN US, Follow Us Online:

​#なんでないの

#JapanNeedsContraception

  • ツイッター
  • Facebook
  • Instagramの - ホワイト丸